防犯のガラスで空き巣対策をしよう

近年、空き巣が大きな社会問題となっています。その対策として、防犯の強化ガラスを備付けることをお勧めします。ガラスを強化することにより、壊して進入を防ぐ効果があります。対策を行うことにより、不安を解消するというメリットが生まれます。空き巣は年々手口が巧妙になっていて、ガラスを割って進入するパターンが多くなっています。強化したものを備付けることにより、進入を防ぎ、割るとしても大きな音が鳴り、近所の方が気付きやすくなりす。一般住宅はもちろん、企業などでも導入することが多くなっていて、今注目されています。空き巣にあえば、金品などが戻らない場合も多いので、対策出来ることは行っていた方が良いでしょう。犯行を未然に防ぐ為には必要なものとなっていますので、空き巣が心配な方は是非導入することを強くお勧めします。

空き巣の防犯対策として窓ガラスを強化

空き巣の侵入方法で一番多いのは、ドライバーなどによる「ガラス破り」だということです。玄関の鍵をこじ開けるより窓を破って浸入した方が、短時間で家の中に入ることができます。金属でできたアミが入っているものもありますが、金属部分をペンチなどで切られてしまえば、効果がなくなるでしょう。防犯ガラスの仕組みですが、2枚のガラスの間に厚い中間膜や特殊なボードをはさみこんで強度を出します。これで、簡単に割れるようなことはなくなります。空き巣は、いつまでも家の中に浸入することのできない状況を嫌います。窓を割るのに手間どれば、浸入をあきらめることもあるでしょう。あとは、窓のところに防犯ブザーを設置しておけば、窓を開けたときに大きな音が家中に鳴り響きます。二重・三重の防犯対策をすることで、より空き巣に狙われにくい家となります。

防犯用のガラスを活用し泥棒から家を守ります

泥棒、その存在は非常に恐ろしいものと言えるでしょう。不在の時であれば、命やケガの心配も入れませんが、在宅の時に狙われたことを考えると非常に心配にもなって来ます。その泥棒が住宅に侵入する方法と言えば、玄関の錠をピッキングするイメージが強いのですが、実際は窓のガラスを割っての侵入が多くなっています。ピッキングと言われる手法は、全体の0.6%ほどしかなく、その多くは窓ガラスを割っての侵入となっており、それは一戸建ての時で割合が60%にも達しています。泥棒の多くは、こじ破る方法、打ち破る方法、焼き破りと言った方法を用います。これらは、どれも5分以内で入室が可能なことから選ばれると言われます。泥棒は、この5分を貴重な時間と定めています。そこで、防御する側としては、5分では打ち破ることの出来ないものを利用することになります。それが防犯ガラスと呼ばれるもので、侵入を防ぐことに役立っています。