防犯対策はガラスにも注目しよう

防犯意識が高い家庭では、カメラの設置やライトの設置など対策に余念が無いでしょう。しかし、対策する側の熱心さとは裏腹に、侵入者は新たな方法を見出します。どこか侵入しやすい点があれば、その隙をついて侵入します。空き巣被害などにあってからカメラを見直すことで犯人は見つかるかもしれませんが、完璧な防犯対策はできていなかったということになります。カメラやライトの他にも見直すべき点はあります。自分の家の窓に使われているガラスを確認することが肝要です。関連する企業や機関によって設けられた防犯ガラスの基準を満たしたガラスにすると安心です。実生活で起こりうる犯罪手口を再現した実験でも基準をクリアしているため、実生活でも役に立つことが期待できます。窓を壊したり、鍵をこじ開けるまでにかなりの時間を要す他、音や紫外線などにまで効果があります。

防犯の機能があるガラスが存在します

ご家庭や企業のオフィス、工場などで防犯のために特殊なガラスを利用されているところが増えてきました。建物の窓などにガラスは当然使用されますが、その素材に防犯機能を備えたものがあります。割って進入する者がいた場合、割ることにまず時間が掛かる素材です。二枚構造で中に破損しにくい素材が含まれています。そして、万が一割ったとしても大きな音が出るという仕組みになっています。全体的に割れにくい、破損しにくい頑丈な構造になっています。国内に比較して犯罪率の高い欧米諸国などでも更に昔から導入されているところが多いですが、日本国内でも取り入れているところが増えてきたということです。また、普及率の高まりからお値段もお安くなってきているというのも、さらに普及を加速させている要因になっています。安心して生活をするためには、備えは必要です。

防犯を強化するならガラスも見直してみよう

安心して生活するためにも防犯を強化すればいいですが、玄関だけではなくガラスもかえていく必要があります。侵入できる可能性を減らせれば、それだけ安全を確保しやすくなります。現在、防犯に使われるガラスは頑丈であり物理的に壊すのは難しいといえます。空き巣などは、侵入に時間がかかれば諦めてしまうケースが多いので、防犯性が高いものにかえるだけでリスクを減らすことにつながります。価格や性能は、業者によって違いますので比較をするなどして、総合的に判断して決めれば問題ないです。一戸建てだけではなく集合住宅でも、ガラスを頑丈なものにかえなければいけません。特に高い階層ほど、侵入されにくいと想定してしまいがちですが可能性は存在します。普段から、戸締りをきちんとしなければいけませんが、できる限り侵入されにくい工夫をしていれば空き巣に目をつけられにくくなります。